パワーコンディショナーなどの価格について

太陽光発電を自宅で導入すると、使用する電気を生産できるだけではなく、電力会社に余剰電力を売却することもできます。現状では、太陽光発電された電力に関しては、価格が政府により規定されています。そのため、太陽光発電の導入により、安定した収入を確保することが可能です。しかし、太陽光発電のためには、ソーラーパネルを始めとする、様々な設備の導入が必要です。

そして、ソーラーパネル以外の設備としては、パワーコンディショナーの価格が高い傾向があります。ソーラーパネルで生産される電力は直流なので、家庭で使用するためには交流に変換する必要があります。そして、交流に変換するためには、パワーコンディショナーが必要です。パワーコンディショナーの価格は、高いものなら数十万円します。

しかし、高いものは変換効率が良いので、生産された電力を無駄にしません。逆に、安いパワーコンディショナーなら、10万円程度で購入可能ですが、変換効率は高価なものほど高くはありません。しかし、安いものでも、95パーセント程度の変換効率はあるので、無駄にされる電力は多くありません。太陽光発電設備の導入は、各家庭で広まっています。

しかし、特にソーラーパネルの生産には特殊な技術が必要とされるので、導入設備の価格は高い状態が続いています。パワーコンディショナーも、安い買い物ではありません。なので、電力生産量のシミュレーションなど、売却益を得られることを確実にして、導入を決定することが推奨されます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.