太陽光パネルの仕組みと効果

近年では、至る所に見られる様になった太陽光パネルですが、何となくシステムは理解しても何故これだけの数量が増えたのか、仕組みはどうなっているのかを知るだけでも役に立ちます。太陽光パネルの発電は、太陽光からの電子の流れを生み出す事で発電します。パネルには、セルと呼ばれる太陽電池をまとめて配置させる事でモジュールとなります。それらは直列や並列に接続されて配列されたものが太陽電池パネルと呼ばれます。

電子が流れて電流をいかに多く取り出すかが重要で、改良に改良を重ね続け今日に至っています。太陽光パネルによる発電で重要な電流と電圧ですが、光電効果を最大限に引き出し電流を安定した電圧に変換する事が技術力として大変で、影が差した場合でもある程度の発電量を確保できる仕組みとなっています。増え続ける太陽光パネルでの発電は、化石燃料による温室効果ガスの削減にも効果が期待できます。火力発電では、タービンを回す為に大量の水を蒸発させエネルギーを作ります。

その際にco2などのガスが発生して地球温暖化の主な原因ともなります。太陽光発電では燃料は必要としなく、日本政府では次世代エネルギーとして推奨しているので将来的には、より発電効率の高いパネルの研究開発も期待できます。太陽光パネルによる発電は、長期的な発電ライフサイクルの中で環境に優しく安全な発電方法として当然ながら温暖化対策として新たなエネルギー源として実用的な性能を有しています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.