東京の住宅内の湿度を吸収するエコカラット

湿度が高いと気温が低くても不快指数があがるため、体の発汗機能が阻害されてより蒸し暑いと感じてしまうのです。梅雨の時期は湿度が高いのですが、夏場もジメジメと暑い時がとても多いのです。雨が多い時などはより高い湿度となってしまい、家の中の湿気も多くなってしまい、洗濯物が乾かない、カビなどの発生にもつながってしまうのです。東京でも雨が多い時期は住宅内の湿度も高いままとなってしまいます。

湿度を下げるためにはエアコンを使用することになりますが、留守中などエアコンを切っているためにまた湿度が高くなってしまうことにもなります。家が湿気をコントロールしてくれると一番よいということになるのですが、その方法があります。東京の住宅にも最適な素材としてエコカラットがあります。エコカラットは余分な湿気を吸収してちょうどよい湿度を保つことができるのです。

嫌な湿気を吸収してもらうことができるだけでなく、乾燥しすぎたときは潤いを出してくれるというものです。東京では部屋で洗濯物を干しているという方もいますがこのような部屋星によりジメジメした湿気もエコカラットで解消することができるのです。湿気が多くなると臭いの原因にもなります。窓を開けると外の湿気が入ってくることにもなりますが、エコカラットなら湿気とともに臭いも吸収してくれるのです。

冬場の結露対策にも良い効果があるため年間を通して人が暮らすために最適な湿度を保ってくれるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.